聖マリア幼稚園

聖マリア通信 4月

色々な事をして遊んでいます。(年少児)                2018/04/13(金)

登園して朝の支度をすると、

クレヨンや粘土、おもちゃを出して遊んでいます。

しばらく楽しむと興味は次々と移り、色々なものに手を出して、

自分の活動範囲を広げています。

室内遊びに満足すると、今度は外遊び。

ブランコや滑り台、砂場やダンゴムシ探し、

年中児・年長児の後をついて歩きます。

外遊びよりも室内あそびが好きな子どももいるので、

それぞれが安心できる好きなところで遊んでいます。

20180413-s1
みんなで積み木を並べ始め、
上へ上へと積み上げます。
20180413-s1
次に食べ物のおもちゃを並べ、
お店屋さんになりました。
今後、友だちの輪が
もっと広がっていったら、
どんな遊びが見られるか
今からとても楽しみです。


3日が経ち。(年少児)                        2018/04/13(金)

入園式から3日目の年少児。

登園時に保護者と離れる時は大泣きの子ども達も、

1日目よりも泣く時間も短くなっています。

自分の靴や荷物をそれぞれに置く場所がある事を知り、

その場所や幼稚園の中を少しづつ覚え、

園生活の流れや様子が何となくわかり始めてきました。

この時期、年中組・年長組は年少組の活動の流れに合わせて動きます。

年少組が集まる時間になるまでは、他の学年も一緒に遊んだり、近くで遊んでいます。

みんなに見守られて遊びを楽しむ年少児達です。



少しずつ、ひとつずつ。(全園児)                   2018/04/13(金)

新学期がスタートして一週間が経ちました。

新入園児だけでなく進級児にとっても新しい年のスタート。

新しくなった下駄箱や部屋にロッカーの場所も、行動しながら馴染んできています。

それでも、前の学年の動きが染みついていますから、

ついうっかり以前の玄関や部屋に入りそうな事があります。

しっかり身に付いた行動を、新しく覚え直すには時間がかかる事も。

生活行動の場で一つひとつを覚えています。



できる事、心を込めて。(年中児・年長児)               2018/04/11(水)

入園式の翌日、新入園児達がいよいよ登園してきます。

進級した園児は新入園児のお手伝いをしてくれます。

門の前で新入園児のお迎えをして、部屋まで案内してくれたり、

砂場やブランコ、滑り台のある庭で一緒に遊んでくれたりしています。

ついこの間まで年少組だった現年中児も、思うままに行動している年少児の姿には、

色々と気が付く事もあるようで、一所懸命に教えている様子も見られます。

きっと1年前は自分が教えられている側だったと思いますが、

今では教える側になりました。

それぞれが、それぞれの立場で、気が付いた事やできる事をしています。



嬉しさとドキドキの入園式(全園児)                  2018/04/10(火)

この春に入園する子ども達を迎えました。

入園式は幼稚園の隣のカトリック逗子教会聖堂で行います。

進級した園児たちも聖堂に入って席に着き、始まるのを待ちます。

笑顔の中にもやや緊張した面持ちの新入園児達。

式の最後には、年長児から折り紙で作ったペンダントかけてもらいました。



進級しました。(全園児)                       2018/04/06(金)

子ども達のにぎやかな声と笑顔が園にもどってきました。

登園した子ども達は 今までのクラスの部屋に向かい、

前年度のクラスの先生から 進級した新しい名札を付けてもらいます。

次々に登園してくる友だちと 真新しい名札をお互いに見せ合いっこ。

名札の色ひとつで ぐっと大きなお兄さん、お姉さんに見えるから不思議です。

始業式と進級式を行った後、新クラスに分かれて 部屋等を確認します。

よく知っている園生活とはいえ、環境が変われば少し違って感じる事もあります。

無理なく馴染んでいけるように、ひとりひとりを受けとめる新年度の始まりです。
















nach oben