ページタイトル

新しい一日の始まりです。

朝の支度を終えると、自分のしたい遊びを始めます。

笑顔で楽しそうに友だちとおしゃべりする姿もあります。

活動内容や時間帯は日によって違います。

遊びが発展してくれば、その活動の十分な時間をとるために予定をずらす事があります。

その日の子どもの様子や状況に合わせて柔軟に対応します。

聖マリア幼稚園の保育で大事にしている事等を

紹介していますので合わせてご覧下さい。

「保育への思い」のページへ

クラスや学年で集まり、朝の祈り、歌や手遊び等をみんなでします。

登園後の子どもの遊びの様子やその日の状況により、

集合する時間は日によって変わります。


自由活動は子どもの成長にとってとても大切です。

興味や関心がある事に向き合い、遊びながら様々な事を経験します。

その時期の育ちに合わせ、一斉活動とのバランスをとります。


 

子どもの育ちや姿を捉え、みんなに共通して経験させたい事をします。

一斉活動が新たな発見や興味を引き出す場となり、遊びの発展に繋がります。

活動によっては異年齢で連携し合同で行うことも少なくありません。


専門の講師による活動で、英語・リトミック・造形があります。

課題活動のページへ


天候が良い日には園外へ散歩に出かけることがあります。

散歩中、季節の変化を感じながら、子どもは色々なものを目にします。

歩きながら運動し、園外ならではの発見や楽しみがあります。

クラスごとで食べるだけではなく、他のクラスや学年と一緒に食べる日もあります。

楽しい雰囲気で食事ができるように、食べ方や場所などを工夫します。


先生と一緒に、お当番さんが食事の片づけを手伝います。


お弁当前にしていた遊びの続きや、別の遊びなど、降園時間まで遊びます。



使ったものや自分のロッカー等の身の回りの整理をし、帰る支度をします。


一日の終わりに落ち着く時間です。

紙芝居や絵本、素話など子ども達が大好きなお話を聞くなどしています。

絵本が育むもの

「さようなら、また明日ね。」

先生と握手をして帰ります。